枚方市で建物は鉄筋と木造のどちらが良いか

戸建の家を作る時、気になるのが木造と鉄筋のどちらが良いのかということです。

結論から言ってしまえば、実はどちらを選んでも大差がありません。

どちらにもそれぞれ異なったメリットはありますが致命的なデメリットというのが存在しないのです。

ここでは、木造の戸建てと鉄筋の戸建ての特徴をそれぞれご紹介します。

木造の戸建て

木造の戸建てのメリットは、費用の安さと高い防湿性です。

木造の戸建ては、木材によって価格は変わりますが鉄筋の住宅と比べてコストが安価です。

構造体が軽く基礎工事にもあまり手間がかからないので費用が抑えやすいのです。

というのも、鉄は耐火処理や防錆処理といった特殊な下降をシなければならないのに対し、木材では必要がありません。

また、木材には湿度の調節機能があるため、家の中の湿度を適度に保ってくれるのです。

鉄筋の戸建て

鉄筋の戸建ては、非常に頑丈であることとデザインの自由さがメリットです。

鉄筋の物件は非常に強度が高いため、地震や台風などによるダメージを大幅に減らせるというメリットがあります。

また、鉄筋で用いるコンクリートは自由に形を整えられるため、デザイン性に優れているというのがポイントです。

耐震性

鉄筋の項目で耐震性について触れましたが、木造も実は別のアプローチで優れた耐震性を誇ります。

強い揺れの場合、木材はしなってダメージを分散するため、鉄筋の物件に負けない強度を誇ります。

そのため、耐震制度で言えば鉄筋のほうが圧倒的に優れているというわけではないようです。

シロアリ害

枚方市でもシロアリは発生します。

この時、木造のほうが狙われやすいと思う方もいるかも知れませんが、実際には鉄筋の戸建ても襲われることがあります。

確かに表面は問題ないかもしれませんが、床材などに気を使っていると、そこからシロアリが侵入してくるのです。