戸建てと賃貸

枚方市に住む場合、戸建ては購入と賃貸どちらが良いのでしょうか。

ここでは、この2つを費用の面から比較してみました。

初期費用

初期費用の面で見ると、賃貸物件のほうが遥かに安いです。

購入する場合、土地がなければ土地も購入しなければなりませんし、家の購入、あるいは建築には一千万単位の費用が発生します。

枚方市での土地代も含めた場合、ほぼ確実に二千万円以上の費用がかかるのです。

それに対して、賃貸物件は敷金と礼金、そして仲介手数料を支払えば、あとは家賃を月々に支払う程度です。

その際の費用ですが、初期費用は大体20~30万前後と、戸建ての購入の約100分の1です。

ランニングコスト

ランニングコストは、購入物件のほうが安いです。

電気代や水道代などはどちらも共通しているのですが、賃貸物件はそれに加えて家賃が発生します。

さらに、更新費用が定期的に発生するので、すべてまとめると年に数十万のランニングコストがかかります。

購入物件は、まず家賃が一切かかりません。

しかし、年に一回固定資産税、都市計画税などの税金が発生するので、全くかからないというわけではありません。

それでも、かかる費用は賃貸の戸建てよりかは安くなります。

よって、長いこと済み続けることで、賃貸物件の費用よりも最終的な費用は安くなります。

財産として

賃貸物件は財産ではないので税金はかかりません。

しかし、購入した戸建ては財産になるので、将来換金することが出来ます。

もし、土地が高騰した場合、売却額が一気に高くなるため、大きな利益を生むことがあるのです。

また、老後の話をすると、賃貸生活では老後の蓄えから支払うことになりますが、購入物件ならそれを担保に融資を受けることが可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です